ライチとローマイチ

香港に来て嬉しかった事は日本で食べられないようなフルーツをふんだんに食べられる事。去年の今頃は、香港に来たばかりで、街市でライチを初めて発見し、その瑞々しさと甘さに感激したものだった。ライチは中医学的に言うと「熱」に分類される果物だそうで、食べ過ぎると、ニキビができたり、口の中が荒れたりするそうである。そうとは知らずに私は、夫と一緒に毎日毎日ライチを大量に食べ続け(朝晩に15粒づつくらい)口の中が荒れ放題になった。何しろ、最も安い時で、1.8kgで150円くらいだったこともある程安いし。。
そのうち同じライチにも種の大きさでランクがある事も知り(種が小さい程良いライチで美味しい)ライチの季節は終わった。
b0003621_1104231.jpg
b0003621_111691.jpg

今年5月の中旬、一時帰国していた日本から戻るとまたライチの季節になっている。
そして、街市でみつけたライチは私の知っているものの倍くらいもの大きさだった。友達によると、ローマイチという種類のライチだということ。6月一杯まで食べられるらしい。
あまりの大きさに喜んで買ってみたが、、、当たり外れが大きい。
美味しいのはとても美味しい。ジューシーで甘みも強く種もほとんどない!
しかし、皮をむくまでは全く同じもののように見えるのに、種も大きく、味も文字通り大味のものも半分くらいある。
[PR]
by hisa-i | 2005-06-13 01:06 | 香港生活


<< 夫とけんかすると。。 おうちでアフタヌーンティー >>