広東語を習い始めて気がついた事

広東語を習い始めた。2ヶ月間週2回のコースである。香港に住んで、4年と3ヶ月、かなり重い腰を上げたのである。
ほとんどの友達が、日本語を話し、息子の学校関係も、英語が全く話せない人はいないので、英語の方をもっと勉強した方がよいと思うのだが、エレベーターの中での香港人同士の会話、街の中医の先生が言っている事などを知りたいと思った。いつもマンションの掃除をしてくれている人は優しい笑顔を向けてくれるのだが、お互い「早晨(おはよう)」というだけなので、もう少し挨拶を膨らませたいと思ったり、また、新聞やテレビの字幕など、ごくごく単純な事は、その漢字から推理できるのだが、少しでも習ったら、随分わかるようになるんじゃないか、、、という思いからである。といろいろ理由は挙げられるのだが、さっぱり上手くならない英語より、街中至る所から聞こえてくる広東語の方が、上達した感じを得られるのでは、というのが一番の理由だろうか。
習い始めて、2週間、まだまだ使えるレベルではないのだが、タクシーに乗った時に「ひょんごんげげいちゅんじゃむ(香港のエアポートエキスプレスの駅)」と言ってみる。発音が心配だったが、何とか通じたようだった。
また買い物をした際、他の物も入れたかったので、英語でもう少し大きめの袋をくださいと頼んだのだが通じず、袋を指し示し「大少少(だーいしうしう もう少し大きい)」と言ってみると、すぐに大きめの袋が出て来た。
今日、スーパーで買い物していると、「今、何時?」とか「何買う?」と聞こえて来て、面白い(どのくらい正しいかは不明だが)。
そして、買い物が終わり、レジへ。いつもレジ袋は必要ですか?と広東語で聞かれるので、今日はそれを聞き取って広東語で答えようと思っていた。
身構えていると、言葉の様子が違う。先生に習ったのは「洗唔洗〜(さいむさい 必要ですか?)」という言葉。しかしレジの人は「ようめいよ〜?」と聞いてきた。身構えていただけに、軽くショックで、言葉で答えるより首をたてに振るのが精一杯だった。
広東語で聞かれていたと思ったのは、実は北京語だった。広東語を習い始めて、初めて気がついた。
香港に来た当初はスーパーでは、必ず、英語で聞かれていた。最近、広東語が多いな〜と思っていたのだが、実は、いつも北京語だったのだろうか。それは、何故か?いつの日からか?、、、今となってはわからない。
[PR]
by hisa-i | 2008-09-29 03:38


<< 5歳の誓い お友達と約束の壁 >>