<   2009年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

息子の嫌いな物

息子が嫌いな物
   椎茸の裏  肉まんの裏  マットな印刷物を引っ掻く音
年末年始、日本に帰った時、実家には椎茸の盆栽があった。そしてそれはお正月に母が孫たちと収穫をしようと思っていた物だ。母は、そんな事が大好きで、今までも、プチトマトやさくらんぼ等を度々用意していたが、トマト嫌いだったり、酸っぱいもの嫌いだったりする家の息子は、素直に喜んだ事がない。
そして、今度も。いとこたちと椎茸をひとつづつ取った後、息子、いやー!と叫ぶ。
何事かと聞くと、これ、気持ち悪ーい、とまた叫ぶ。なに、なに、と聞くと、『椎茸の裏気持ち悪ーい』と叫ぶ。それが始まりで、香港に帰って来てからも、恒例と成りつつある週末の息子と朝ご飯を作りのときに、しめじの裏を見て『気持ち悪ーい』と叫びながら包丁で叩くようにみじん切り。

やはり、日本で夫が大好きな○村屋の肉まんを買って食べていた時の事。下の紙を剥がすと、また『気持ち悪ーい!』と叫ぶ。なんで、と聞くと『鳥がちゅんちゅんしたみたい(鳥がくちばしでつついたみたいという事らしい)だから、いやだー!』と。肉まんが膨らんだ時の気泡が、紙を剥がすと、裏の部分だけ見えるのである。なるべく見ないようにしながらも、時々おそるおそる見て、また『いやだー!気持ち悪ーい!!』と叫ぶ。

またある日、息子と昼寝をしながら本を読んでいると、私がページをめくった時に表紙を引っ掻いてしまったら、『その音、気持ち悪ーい』という。なんでと聞いても、『その音ヤダー!』というばかり。

そういえば、私も子供の頃から、気持ち悪ーいものがいくつかある。音は、金属同士のぶつかる音、これは、絶対だめで、今でも料理をする時にステンレスのボールでステンレスの泡立て器を使えない。家のボールはもう何年も前から、大きめのラーメンどんぶりで、泡立て器も、泡立てる部分に樹脂のカバーがあるものを使っている。母にも、妹にも、友達にも変わっていると言われたが、こんな音が大丈夫な人にびっくりしていた。そして、定期的に並んだドットにも、肌が粟立つような、気持ち悪さを感じていた。子供の頃、車の窓から見えた、高速道路の両壁の凹凸のあるドットがあるところでは、外を見ないようにしていた。さすがに今は見てももう何ともないが。

気持ち悪ーいといいながら、もう一度、おそるおそる見たりやってみたりと、恐いものみたさな仕草の息子を見ていると、かなりおかしい。
[PR]
by hisa-i | 2009-01-29 06:35

旧正月

1月26日は農歴年初一、旧暦の元旦である。
旧暦の年末には、花市がある。花市とは、香港の大きな公園等でこの時期行われる、正月用の花や飾りを売っているところである。
香港に来た当初は、もの珍しさもあり、日本人なのに、なんでそんな事をしたいのかと心の中で思っている夫と息子を引っ張りだして、混雑している花市に行ったものだが、ここ数年、日本、香港と1ヶ月〜一ヶ月半の内に二回のお正月を経験するうちに、面倒になり、去年は、鼠の置物だけで済ませていた。
で、今年も、そんな事で済まそうと、牛の置物だけを探していた。去年は、バーゲン時期にBCBG MaxAzriaで買い物したら、素敵なガラスの鼠をもらったので、今年も寄ってみたのだが、今年はそんなプレゼントはしていないみたいなので、自分で買おうと、真面目に探し始めた。やっぱりガラスがいいなと思っていたので、ブランド天国香港で、バカラ、スワロフスキー等を見てみたが、獰猛そうなものや、大きすぎるものばかりでイメージと合わない。絶対に高価な物しかないからと避けていたラリックに行ってみると、小さめのガラスの牛発見!で、価格を見てみると、まあ、予算範囲内。その価格はなんと定価の1/3価格だという。この時期になんで値下げなのと聞くと、干支物なので、買い易いように、という分かるような、分からないような理由だった。町の中の旧正月用の飾りをみても、そういえば、牛の置き物や飾りはあまり見かけない。代わりに金魚が多いような。。。豚年(日本で言う亥年)の時は、街中に豚があふれていた事を思うと、随分の違いである。牛は人気がないのだろうか。。
夫に飾ってみせると、『良いんじゃない〜。でも花は?みかんは?』とのたまう。『今年はこれだけ。』と言うと、ちょっと寂しそう。
何年か恒例となると、大して好きでないものでも、無いと寂しいらしい。
斯くして、お手軽に近所のスーパーでみかんと水仙の鉢植えを購入。圓方では20ドルで花文字を書いてくれるという事で、「笑口常開」(笑う角には福来るの意味らしい)を書いてもらい、玄関に飾った。

笑顔の多い良い年になりますように。皆様よろしくお願いいたします。b0003621_5535965.jpgb0003621_5542485.jpgb0003621_5544433.jpg
[PR]
by hisa-i | 2009-01-29 05:53

今までで一番おいしいサンドイッチ

週中は、息子が7時半にスクールバスに乗るため、お弁当をつくっている私は、起床6時半、週末は、前日も夜更かししたり、朝もちょっと朝寝坊したい。
しかし、息子は、全く関係なく、夜は同じ時間に眠くなり、朝は7時前には目が覚める。
そして「あそぼ~」と騒ぎだす。
朝ご飯も食べずに、私は半分寝ながら、だらだら遊び相手をしているのだが、息子は、すぐにもっと真面目に遊んで欲しいと催促する。
そして、寝ている夫は9時半頃起きだして、週末だから、なんか朝ご飯ないの?(普段は朝ご飯は食べない)とのたまう。
この二人を納得させるために、ちょっと一計。息子と一緒にサンドイッチを作ろうという事になった。息子に一緒に作ろう!と言うと、わーい!サンドイッチ、お手伝い!と喜んでいる。
しかし、マヨネーズが足りない。息子、夫とも、多少マヨラー気味なので、マヨネーズが少ないサンドイッチ、おいしくないと言われそう。せっかく初めてつくるのだから、おいしく作りたいので、マヨネーズを買いに行く事にした。息子は買い物嫌いなので、私一人で買いに行こうとすると、パパもまだ寝ていてつまらないから行かないでくれという。
そこで、初めてのおつかいをさせる事にした。
といっても、テレビカメラがついている訳ではないし、こんなに朝早く(8時半頃、週末香港では常識外の早さである)一人で歩かせていると、会う人ごとにびっくりしてしまうので、後ろから着いて行く事にした。『後ろから着いて行くから全部一人でやってごらん』と。息子も張り切ってお金を持って行く。まだ、お金の数え方、教えてなかったのだが。
エレベーターも別々に乗り、10メートルくらい離れてついて行くと、不安なのか、時々振り向きながら、小走りでスーパーへ。
一緒に乗ると全然平気なエスカレーターで、バランスを崩し、ひやっとさせる事もあったが、無事スーパーに到着。
マヨネーズを渡してあげると(ここではどこにあるか店員さんに自分で聞いてもらいたかったのだが、次の機会に)レジへ一直線。レジが見えるところで見ていると、店員さん、かなり戸惑った様子。二言三言話、息子、お金を見せるが、お互い困っちゃった感じなので、出て行ってお金を渡した。
別の日に、同じ店員さんは「彼が買い物をしたいと言ったのだが、お金がないと買えないのよと言ったら、お金を見せてくれたんだけど、すぐに信じられなくて」と話してくれた。
ここでお買い物ごっこは終わりかなと思ったら、息子はちょっと怒った様子で「これじゃおつかいになんない!もっと離れていて!」という事なので、息子は一人でマヨネーズを持って帰らせた。
ちょっと物足りなそうな感じだったが、楽しかったようで、次はサンドイッチ作り。卵をつぶして、買って来たマヨネーズを混ぜて、パンにまたマヨネーズを塗って、パンにはさんで。
出来たサンドイッチ、どうしても、大きいまま食べたいというので、半分にだけ切って、夫と3人であっという間に食べてしまった。たぶん、今までで、一番美味しかった。

b0003621_11272027.jpg

写真は、少し食べてしまったそのサンドイッチ。
[PR]
by hisa-i | 2009-01-18 11:23

もしもしかめよ

あけましておめでとうございます。
おそ過ぎですが、香港ではこれからもう一度NEW YEAR です(←いいわけ)。
年末年始、日本に帰って、息子が覚えて来たのは「うさぎとかめ」という歌だ。
短い日本滞在の上、年末年始というハンデもありながら、買い物に奔走していた私と夫は(ただし、ほとんどウィンドウショッピングに終わったが)何かと言えば階下にいる義父母に息子を預け、時には銀座で二人で食事!という快挙に出た。
何しろ息子は、買い物嫌い、外食嫌いときている。(ま、5歳児としては、当然といえば当然)そして、ジジババは唯一の孫の相手に体力を使う遊びをしてくれるので、パパママといるよりず〜〜っと楽しいし、ジジババもまた、数少ない孫と遊べるチャンスを無駄にするものかと意気込んでいる。というわけで、三者の利益一致と言うわけである。
で、覚えて来たのが、‘もしもしかめよ〜’の、「うさぎとかめ」。私は、一番しか知らなかったのだが、イソップ童話の物語通り、4番まであり、うさぎ、かめ、うさぎ、かめの掛け合いで成っている。息子は2番まですらすら歌えるようになり、私にも一緒に歌ってくれとせがむので、2番の歌詞を息子に教えてもらいながら歌っていると、
 なにをおっしゃる うさぎさん
 それならふたりで かけくらべ
 むこうのおやまの ふもとまで
 どちらがさきに おいつくか
以前友達にも指摘されたが、私は、歌の音程、リズム、歌詞にキビシいらしい。
息子が産まれてすぐに姑がめちゃくちゃに子守唄を歌うので、歌うのをやめてもらった事もある。
そして今回もこの歌詞、さいごの‘おいつくか’を聴いて????となってしまった。「競争するのに、追いつくってことはないんじゃないの?」と息子に聞くと、「おばあちゃんが教えてくれたもん、絶対に間違っていない!」という。
童謡は、単純に歌を楽しむ以外にも、自然に言葉を覚えられるものと思っているため、私もここでは引けない。
「どちらがさきに、つくでしょう、とかじゃない?」と聞き返したら、やはり「絶対、絶対ちがう!」と言う。で、調べると、「かけつくか」であった。
『かけつく』という言葉は、普通に使うの言葉なのだろうか?
ただ、意味はこちらの方が腑に落ちるし、何しろ作詞家の書いた正しい歌詞なので、息子に伝えると、怒りを溜めている様子で「絶対にちがうもん!」と完全否定。私は、姑にしてやられた!と思った。(たぶん、姑は、何もしてないし思ってもいないのだが)
一緒に歌っていても、この部分だけ別々に歌い、息子が怒りだす、私も引かない、強情親子の意地の張り合いである。
その後、お風呂に一緒に入った時、やはり、むすこが歌いだす。歌ってくれと言われなかったので、一人で歌わせていると、歌を止め、湯気で曇ったガラスに‘もしもし’とひらがなで書き始めた。最近ひらがなを書く意欲は多少でてきたものの、自発的に書くことは無かったし、「し」はかけても、「も」はかけないと思っていたので、びっくりして、夫にすぐに報告!夫とすごいすごいの連発で息子も得意げだった。実際、とても嬉しかった。

お義母様、今回は、完全に負けました。
[PR]
by hisa-i | 2009-01-16 07:11