京都3日目

b0003621_217095.jpg
3日目、朝起きると、嵐山の桜が昨日よりきれいに咲いている事に気付いた。
香港では、のんびりお散歩できる場所も少ないので、朝風呂の後、朝食の前に出かけてみる事にした。
旅館をでて、ほんの数歩、歩くと、人力車のお兄さんに声をかけられた。15分で宿に帰らなければならないと伝えると、渡月橋を往復してくれると言う。人力車の上から見る桜も格別。目線がぐっと高くなり、清々しい朝の冷たい風が、気持ちをピンとさせ気持ちよかった。

この日は、京都御所の一般公開の初日。前日に金閣寺から乗ったタクシーの運転手さんに、是非行ってみて下さい、と言われていたので、行ってみる事にした。
車寄せから始まって、桜の間、鶴の間、虎の間のふすま絵を観た。
b0003621_21194835.jpgb0003621_21204052.jpgb0003621_2121752.jpg

続いて、紫宸殿。左近の桜、右近の橘、おひな様の七段飾りの様に、こんもりとした姿だった。
b0003621_21242593.jpgb0003621_2125713.jpg
そしてよく、歴史小説によくでてくる帝の日常生活の部屋である清涼殿を観て、平安時代へ思いを馳せ、一息ついたところで、雲行きが怪しくなった。ポツっと来たと思ったら空が真っ暗になったので、慌ててテントの張ってある休憩所へ。
雨風にうたれるしだれ桜を観ながら、雨宿りをした。
b0003621_04286.jpg
風も強かった事もあり、15分程度で小降りになったので、少し移動。やはり簡易テントのお茶屋さんがあったので、そこで抹茶と和菓子を食べる。
夫は雨が降ったのを良い事に、デパートにでも行きこの寒さから逃れようとしていた様だが、天は私に見方した。お茶を飲んでいるうちに、雨はすっかり上がり日さえさして来たのである。
この日の息子のためのスケジュールは動物園。b0003621_032038.jpg
動物園も桜がきれいだった。虎やライオン等の猛獣を観ていると、横の男の子たちから、「ゲキレッドだ!ゲキレッドがいる!」という声が聞こえる。ご存知ボウケンジャーの次の番組である。香港では見られない事をいいことに、内緒にしていたのだが、息子は敏感に反応!後日談だが、大阪のデパートで、息子はパパにゲキチェンチャーを買ってもらう事になった。
乗り物にも乗って、息子も大満足!
お昼は動物園の道を挟んで隣の岡崎美先。美味しかったのだが、ここは、雑誌を見て、お肉を出すお店かと思っていたのだが、結局お肉は最後のご飯とともに出た佃煮だけだった。近江牛を期待していたパパは少々物足りなげ。
食後は平安神宮から桜をたどってぶらぶらぶらぶら。
麩好きな私は、京都の生麩をもとめて半兵衛へ。粟麩、よもぎ麩を買い、更に麩饅頭を購入して素敵なティールームで一息ついた。(ここで一息つかなければ、夫が限界だったこともあり)
b0003621_652687.jpg
たまたまそこが東山で清水寺が近かった事もあり、桜のライトアップ参拝があるということなので、参道や茶碗坂をぶらぶらして時間をつぶしていたのだが、結局、夫、息子が疲れてしまい、旅館へ帰る事にした。そして、再び檜風呂→京懐石→嵐山公園で夜桜見物、極楽、極楽、のうちにこの日も終わった。
[PR]
# by HISA-I | 2007-04-19 21:37

京都2日目

今回の旅行で、心配だったのは、私達が観光旅行をし慣れていないということだった。
旅行といってもだいたいが、南の島なので、子供とも遊んでいれば飽きる事もなく、食事の場所にも困る事はない。
今回はほぼ初めての息子を連れての観光なので、息子も楽しめる事をすこしずつ入れる事にした。
まずは、嵯峨野トロッコ列車にのり、終点の亀岡駅からバスを乗り継ぎ、保津川下り。
b0003621_141399.jpgb0003621_143153.jpgb0003621_1435573.jpg

トロッコ列車のトロッコ嵯峨駅には、蒸気機関車などの展示があり、息子も楽しんでいたようだ。駅には発車40分程前に着いたのだが、席はどんどん埋まっており、5号車のリッチ号しか空いていなかった。リッチ号が何かわからないまま、乗り込むと、窓の無いオープン車両だった。この日の朝の気温3℃(この時間にはもうすこし上がっていたと思うが)。直に景色が見れて良かったと言う事で。。鉄橋から見下ろす保津川や山々に霞のように点在している桜はかなりの絶景。
亀岡駅でおりた時には、冷えきっていたのだが、バスで小休止、保津川へ。
b0003621_234677.jpg
3人の船頭さんが操る船で保津川を下る。途中のって来たトロッコがみえたり、ちょっとした急流のスリルを楽しんだり、下から見る桜もきれい。
1時間半の川下り、寒さに負けず、息子も飽きずに楽しむ事ができた。
お昼は、天龍寺隣にある西山艸堂で湯豆腐をたべる。友達が教えてくれた、森嘉の豆腐を使った湯豆腐はもとより、飛龍頭や精進揚げもとても美味しかった。
そのまま、世界遺産天龍寺を拝観。しだれ桜がきれいに咲いていた。
b0003621_2195484.jpg
息子が寝てしまったために玉砂利の上をベビーカーで押すのは一苦労。
b0003621_227172.jpgほとんど世界遺産の価値がわからないまま桜を足早に見て、嵐山の有名な竹林へ。夫は、桜より、竹の美しさの方に惹かれるそうだ。茅葺き屋根の家や、田園風景を眺めながらぶらぶら。
そして最後に金閣寺へ。

b0003621_2335010.jpg
何回か見ているはずなのに、初めて見るような感動!
宿に帰ると、食事の準備ができていた。京懐石、日本の味万歳!(つづく)
[PR]
# by hisa-i | 2007-04-17 02:42

京都旅行

本当に久々に行った京都は、全く未知の場所だったので、前の日に本屋を二件ははしごして買ったガイドブックを片手におのぼりさん旅行だった。
前日に滋賀出身のお友達にガイドブックを見せながら教えてもらい、準備期間がないながらも、期待一杯、胸一杯で旅立った。
旅館は嵐山にある嵐月。香港午後発で旅館についたのは11時を回っていた。この日は夕食は無しでということでお願いしていたのだが、おにぎりと漬け物、フルーツの用意があった。b0003621_614448.jpg
さっそく、日本の味と心遣いに触れ、感激!
着く直前までパパに会うからと一生懸命起きていた息子は寝てしまい、夫と二人、機内食を食べて来たにも関わらず日本の味を早速楽しんだ。夫は普段、漬け物なんて、食べないのに、美味しかった様だ。

朝起きてみると、そこは桂川を挟んで嵐山が望める素敵なお部屋だった。b0003621_69671.jpg
渡月橋も見渡せる。
檜の浴槽の内風呂で朝風呂を浴び、皆浴衣で朝食を頂く。浴衣ではどうしても寝心地がよくないので、今回の旅行でも浴衣を着たのは朝と晩に入浴後の食事の時だけだった。
b0003621_6211551.jpg
息子は浴衣を着てもボウケンジャーになり走り回る。

鰹だしのあんをたっぷりかけた朝鮮人参入りの薬膳粥に湯豆腐、焼き魚、若竹煮、漬け物等等の朝食をたっぷり頂きこの日は嵐山界隈を回る事にした。(つづく)
[PR]
# by hisa-i | 2007-04-13 06:26

何故、京都に行く事になったのか

イースターのお休みに、京都に行った。
決めたのは、出発の4日程前。
この時期、本当は東京に帰りたかった。国際運転免許の書き換えもしなければならないし、桜も見頃だろうし、日本も春休みだし、息子の幼稚園もイースター休暇だし。
ところが、夫が3月の末に南の島へ行きたいとの事、それも3月初めに行くことになっていたのを仕事のために延ばしたのだ。で、日本に帰るのも今回はパスする事にしたのだが。
再び仕事のために、南の島は延期、しかも夫のハワイ出張で。
仕事だったら仕方が無いが、それでは、ハワイ出張に同行させていただきます、と申し出たところ、丁重に断られ、それでは、友達を訪ねてNYCに行かせていただきますと言ったところ、ぐずぐずごねられ、それでは最初の予定通り日本に帰りますと言ったところ、俺は香港に帰ってゆっくりしたいと言われ、「あなたは誘っていませんが」と言ったところでけんかになった。
けんかしたまま、夫はハワイへ。私は東京に帰るのもいいけれど、ニュースでは、もう既に桜は満開を過ぎ、あとは散るだけの状態。つまるところ、桜が見たかったので、東京ではなくてもいいかな、と色々さがしてみると、京都も咲きはじめていた。関空の方が成田より1時間以上も近いので、気軽だし、京都なんて何年も行っていないし、美味しいものもあるだろうしと、息子と二人京都旅行と決め込もうとしていた時、夫から電話。全く何も言わないで行くのは、さすがに心配するだろうと、「京都に行ってきますから」と伝えたところ、慌てて自分も行けるような手はずをつけたようだ。数時間後には、私と息子の航空券の手配、自分の国内線の手配(ハワイへは成田乗り換え)、旅館の手配を終え、旅館のHPを私にメールで送って来た。やるな!と感心。ぐずぐず言ってみるものである。
[PR]
# by hisa-i | 2007-04-13 05:39

ああ息子

息子の大変さをしみじみ感じる今日この頃。そんな話しをしていたら、女の子のママがこの本を貸してくれた。ああ息子
息子を幼稚園に送り、ちょっとパシフィックコーヒーで読み始めたら、可笑しくて笑いをこらえきれず、一人で本を読みながら笑うへんな日本人になっていた。
と、横にいた香港人の集団に遅れて来た一人、なんとなく顔見知り。幼稚園ママの一人かも。本から目を少し上げた状態で彼女を見た私、きっと笑ったままの顔だったのだろう。
彼女も思いっきり私に笑いかけ、「あなたも混じる〜?」
笑顔は最高のコミュニュケーションツールだった。
そして息子も私の怒っている顔より笑顔の方が好きだろう。
「ああ息子」ありがとう!
[PR]
# by hisa-i | 2007-04-01 04:29

ボウケンレッドみたいにしてください

息子は散髪が大嫌い!
前回の散髪は8月の初旬だったのだが、それ以来、前髪を少しずつ目にかからないように切るだけで、その他は、伸ばしっぱなし。
最近では、前髪だけを切るのも嫌がり、私も、夏の散髪があまりに大変だったため、一日延ばしにしていた。が、ついに、息子は前髪が目に入るせいか、目をしばしばし始め、健康上にも良く無いということで息子を説得。しかしどうしても嫌がる。が、切らない訳にいかない。
嫌がる息子を、幼稚園に行く前に、無理矢理、洗面台の前に立たせ、前髪を引っ張りながらジョキジョキ切った。とにかく早く切らねば、息子も逃げるし、幼稚園に行く時間も迫っていた。
結果、前髪はガタガタ、息子は泣き叫び、私は、あまりの自分の下手さ加減に呆れ、「これじゃ、全然かっこ良く無いね。。。ママは出来ないのに○○ちゃんが散髪に行きたがらないから、本当に大変だよ」と息子にあたる。息子は泣きながら「今度はちゃんと行けるから、、行けるから」と繰り返すので、「今日帰ってきたら、切りに行こうね」と約束した。
とは言っても、簡単に事は運ばないだろうと、友達に相談したところ、「ボウケンジャーみたいにしてもらおうよ〜、と言ってみたら?」という事だった。
あの頑固な息子が、それで納得するかとも思ったが、やってみる価値はあると思い、帰って来たところで、「ボウケンジャーの誰みたいにしてもらおうか??」と聞いてみると、ポスターを見ながら「ボウケンレッドがいいな」と言う。これはいけるかも、と思い「ボウケンレッドみたいにしてくださいって言うんだよ」と出かける。
行こうと思っていた子供用の美容院は既になく、仕方ないので、いつも私が行っているところに連れて行った。
イスに私が座り、「おいで」と言うと、息子は、私のバッグまでまっしぐら。
なんと、持って来たポスターを取り出し、美容師さんを見上げ、一生懸命「レッドみたいにしてください」と言っている。私が思う以上に、効果があったようだった。
素直に大人しく座っていたとは言えないが、何とか切る事が出来た。
ボウケンレッドは髪が立っているため、髪質が違う息子は何かを付けて立たせないと似ていないが、確かに耳のあたりの切り方は似ている。はじめは、「ちょっと違うね〜」なんて言っていたものの、耳の辺りを指して「この辺はそっくりだよ」と言うと「そうだね」とご満悦。
また伸びたら切りに来ようね〜と美容師さんにバイバイして帰って来た。
やっと、切る事ができて、本当に、一安心である。
ボウケンレッドヘアーで変身ポーズで遊ぶ息子(変身ポーズは上手く写真にとれず!)。
b0003621_19212368.jpg
[PR]
# by HISA-I | 2007-03-11 18:29

父と息子

夫が前回の日本出張の前日、いつものように「空港まで送ってくれる??」と言った。
「もちろん!」ということで就寝。次の朝、7時半起床、息子はいつも通り、夫は少し眠く、あくびをしながらシャワーを浴び、用意をはじめた。
息子は朝食を終えると「パパお仕事なの??」、夫は「そうだよ、だから空港まで送ってね」と言うと即答で「嫌だ!」
夫は腹を立て「もう、こいつはダメだ!今のうちに根性を叩き直さなきゃ、大変な事になる、最近生意気な事ばかり言う!!」と言い放つ。
取りあえず私は「パパはお仕事なんだから、○○ちゃんが送るとがんばれるんだよ」と息子をなだめていると、夫は「もういい、お前なんか連れて行かない!」とまた腹を立てているのを止めようとしない。もう時間が迫っていたので私のイライラも募り「じゃ、行けないね、まさか置いて行けないからね」と、若干、夫を責めると、怒りながらも、3人で行く事に。
夫の子供観というのは、学生の時に行ったアメリカのホームステイ先の2人の子供だそうだ。彼等はお父さんが帰ってくると、一目散に走って行って、犬も一緒にお父さんに飛び込んだり、大人だけの外食の時に、今日は『バーガーキングだ!』とお父さんが盛り上げると『イェーイ!!』と喜んだり、お父さんに対して絶対従順だったり。
息子と照らし合わせてみると、ま、帰って来たときは充分喜んでいるが、絶対従順だったり、喜んで留守番をしたりはしない。それに、その子たちは、何歳だ?
とにかく、家に日頃いないせいか息子を時に美化し、時に自分のイメージとかけ離れている事に怒りを覚えるらしい。(私はこういう夫に怒りを覚える)
その時は一応(ほんとうに形だけ)仲直りさせて、夫は出かけた。
そして日本から帰って来たら、なんだか態度が違う。息子の言動にいちいち腹を立てなくなった。どうやら会社の人に、話したら、それくらいは、全く普通で、もっともっと生意気になると聞いて来たらしい。
でもだからといって、怒らないのはどうなんだろうか?私は、腹は立てずに、いけない事はしかろうよと、自分でも難しい事を提案してみたが。。
息子は息子で、行きたく無いと行った理由は、そういう風に言えばパパが行かないかなと思ったらしい。
その後の出張の時にまた私達は空港まで見送りに行った。お茶を飲んで、パパを見送るその背中に、息子は「バイバイ パパ!また遊ぼうね!」とかわいいことを言って手を振っている。
パパに聞こえたのかは不明である。
この父子、将来、感情のすれ違いで大げんかしなければいいのに、とちょっと不安な出来事だった。
写真はおじいちゃんとおばあちゃんの日本からのお土産「冒険ドライバー」を持って、パパに出発直前まで遊んでもらった息子。
b0003621_2422185.jpg
[PR]
# by HISA-I | 2007-03-06 02:42

食べている顔

悪ガキの息子、寝ているときは天使である。そして食べているときも。
久しぶりに会った、おじいちゃん、おばあちゃんのおみやげのなかに苺があった。
1パックの日本の苺、こちらでは1000円を下らないものだ。
夫も苺が大好き、私も大好き、もちろん息子も大好き。
しかし、ほとんどが息子の口を経て胃袋へ入って行った。
b0003621_321621.jpg

そして思い出したのが、『あてなるもの:いみじううつくしきちごの、いちごなど食ひたる。』(清少納言、枕草子)ただの親ばか日記である。
[PR]
# by HISA-I | 2007-03-05 02:51

電動歯ブラシデビュー

息子は、3歳にして、もう虫歯がある。息子の虫歯が子育て中の私のいくつかある悩みのうちの一つである。
歯の生え揃った1歳半くらいの時、ベビーカーに静かに座らせるには、何か食べるものを与えてしまえ、とクッキーを与え過ぎてしまったのに始まり、現在は甘いもの大好き少年である。
さすがにクッキーは懲りて、家には置いていないのだが、飴、ソフトキャンディー、ケーキ、等々、大好きである。これらのものが全て虫歯にならない糖で出来ていると良いのにとも思うのだが、、製法上きっと無理なんだろう。
去年の夏に日本に帰った時、何カ所か治療してもらったのだがもともと歯も弱いせいかすぐ茶色の箇所ができてしまう。今は、歯磨きと香港の歯科医から出してもらった塗り薬で凌いでいる。しかし!ここでも息子の悪ガキぶりは発揮され歯磨きするのに四苦八苦。押さえつけて手早く磨こうとするので、息子は痛がる、痛がる。。オレンジ味の歯磨き粉に替えてから、少しは磨くようになったのだが、度々口を開けては「オレンジの味がする〜」と叫んでは邪魔をする。
そこで見つけたのが電動歯ブラシ。b0003621_339884.jpg
今使っているものよりブラシ部分が小さく、毛先も柔らかい。おまけにバズ・ライトイヤーである。はじめの日は躊躇していたものの、2日目からは、むしろ「歯、磨こうよ〜」というほど!歯も簡単にきれいになるように思う。
アンチ電動歯ブラシの私だが、歯が、きれいになればいいのである!
[PR]
# by HISA-I | 2007-03-03 03:37

絵本

最近、急に息子が絵本が好きになった。
香港では、なかなか良い絵本が手に入らない。
日本から毎月2冊、絵本を届けてくれるサービスもあるのだが、本屋好きの私は、その楽しみが奪われそうなので、なんとなく利用を控えている。
ということで、日本に帰る度に7〜10冊くらいの絵本を買っている。
今までは、息子はあまり絵本が好きではなく、ほとんど興味を示さず、1歳以前は絵本はかじるもの、1歳代は、ママと投げたり転がしたり(転がらないが)して遊ぶもの、2歳代は絵本というよりアンパンマンやディズニーのテレビ絵本なら見たがる、というもので、およそ、私の理想としている、親子での絵本の楽しみ方ではなかった。
ところが、遅ればせながら、3歳と少しで断乳をし、寝る前の友に絵本が入ってくると急に自分から「絵本、絵本」と言い始めた。そして、2、3冊読むと、ふ〜っと眠りにつく。(早く寝かせたい時は、「今日はね〜、新しい絵本だよ〜」等と言って、ちょっと難しい本を持ってくると、半分くらいで寝せる事ができる、なんていう技も使える!)
最近のお気に入りはガラゴシリーズ。
b0003621_620245.jpg
絵がとても緻密に書かれており、景色や生き物、家の中のインテリア等々、私が見ていてもワクワクする。また、お話の筋にはほとんど関係ないようなべつの出来事も順を追って書かれているのも楽しい。例えば、ガラゴがスイカを食べていると甲虫が、だんだん近くに寄って来て、ついにスイカを得る、というもので、虫キングや仮面ライダーカブトなどで、甲虫に興味のある息子は、絵本を読んでいる最中にその事ばかり考えているんじゃないかと思うときもある。
同じ作者でバム・ケロシリーズもお気に入り。
b0003621_6295138.jpg
ガラゴに出て来た生き物が出てくると、息子は「ちょっとまって!」とガラゴを引っ張り出して来て「見て!このこがまた来た〜」と発見を楽しんでいる様だ。
その他は『ある朝ジジ・ジャンボウはおったまげた』や『かいじゅうたちのいるところ』が今のお気に入りで、これらの主人公の男の子は、自分と同じような悪ガキ!というところに共感が持てるのだろうか。『ある朝〜』はジジといういたずらばかりしている男の子のお○ん○んがどこまでものびてそれを追いかけて行く話しなのだが、むすこに「○○のはだいじょうぶ〜〜」と聞くと「キャ〜」と言いながら、喜んでいる。
『かいじゅう〜』の方は、大暴れした男の子が部屋に放り込まれたら、その部屋がどんどんジャングル化していき、怪獣たちのいる島へ行くというもの。これも、「悪い事ばっかりしていると、ママに会えなくなるよ〜○○はいい子にできる??」なんて言いながら読んでいると翌日行動を改めたりすることもあるので、絵本の効用は道徳教育にもいいわ〜なんて、訳の分からない喜び方をしている私。。
b0003621_6323755.jpg
ただ、息子は同じ本を繰り返し読みたがるので、(ガラゴはもう何日続けて読んでいるだろうか。。)たまに私が眠いときは、飽きてしまって先に寝てしまうと、次の朝に、「ママ昨日早く寝たから、もう一回読んで」とせがまれる。
今まで買った絵本たち、まだ10%くらいしか、活用されていない。
[PR]
# by HISA-I | 2007-02-28 06:43